テレクラで繋がった可愛いスレンダー美女を生でタダマンHした体験談

今回の「タダマンH体験談」は、こじまっちさん(40歳 和歌山県 会社員)からの投稿です。

出会い系サイトにめっぽうはまっているこじまっちさんの最初のはまるきっかけになった体験談になります。
出会い系サイトの前に、きっかけとしては、テレクラをしてみることになりました。
なんと偶然現役女子大生に会うことになり、スムーズに会って、いろんな体験をすることに。
それから楽しさを覚えて、今も出会い系にはまっているということです。
テレクラで出会った女子大生と出会って5分でラブホテルでタダマン

現在私は40歳の独身男性ですが、出会い系サイトにハマっています。

実は以前、テレクラでタダマンラッキー体験をしたのがテラクラや出会い系サイト等の女遊びにハマるキッカケとなりました。

女遊びをしようとしたキッカケはテレクラ

私をこういう女遊びにハマらせたキッカケとなったのはテレクラです。

当時私は30歳で、ちょうど平日休みの多い時期でした。

平日に休みでもすることないし・・と地元ターミナル駅前のテレクラに行ってみました。

他の人から回ってきた保留電話にチャンスが

その時に見つけたのが現役女子大生のカオリちゃん(18歳)です。

カオリちゃんの電話は他の人から回ってきた保留電話でした。

まあ他の人が断った(女性がパスしてる場合もありますが)ぐらいですから、あまり良い女性ではないだろうなと期待せずに電話を取りました。

しかし話してみると、若々しくて可愛い話し方をする女性です。

年齢を聞いてみると18歳で大学一回生。

もしかしてものすごくスタイル悪いとか?と不審に思い、どんな感じの娘なの、ぽっちゃりな感じ?と探りで尋ねてみました。

すると身長160cmぐらいで体重50kgないぐらい。

あれ?スタイルは良いぞ?と不思議に感じます。

私の前に話した男性はダメだったの?と直球をぶち込むと、年は35歳っていうんだけど声が爺過ぎて無理だったとの事。

その点私は声が若々しいし、話のテンポもいいから良かったと言われました。

まあ私の前の男性が悪かった分、私の印象がアップしたんでしょうね。

アポがとれるか探ってみると意外にOKが

アポ取り出来るか探ろうと、そういえば今どこにいてるの?とカオリちゃんに場所を聞きます。

するとテレクラすぐ近くのターミナル駅駐輪場前の公衆電話にいるとのこと。

そこから車ですぐだし、信号次第では3分以内に着ける場所です。

なら「今から車で迎えに行くから会わない?」と誘うと、OKとの返事が。

まあ仮に居なくとも、往復10分もかかりませんしダメ元で行ってみました。

一応カオリちゃんの服装と私の車種・車番・ボディーカラーを告げて。

テレクラの近くの場所にいたので待ち合わせ

公衆電話からすこし離れた場所に、カオリちゃんが言ってた服装の娘が立ってます。

髪はセミロングでやや茶髪。

スタイルは電話で話していた通りでやや細身な感じ。

芸能人で例えると、若い頃のPUFFYの大貫亜美みたいな雰囲気の娘でした。

これは可愛い!アタリやん!というのが第一印象でした。

公衆電話前に車を停車させると、その娘が私の車に近づいてきました。

助手席の窓を開け、「カオリちゃん?」と尋ねると、「電話の兄さんだよね?」と向こうからも確認ありました。

お互いを確認後、カオリちゃんと助手席に乗せ、改めて自己紹介。

お互いの第一印象はOKのようなので、車を走らせました。

会ってすぐに行きたい場所を聞いてみると意外な場所に

駅周辺は色んなお店が多いですし、どこにでも行けるよう駅周辺を走ります。

「カオリちゃんは行きたいとこある?食事でもいいし?」と尋ねると、「会ってすぐだけどラブホテルに行きたい」と返事が。

最初は冗談か?と思いました。

「そんな事言うとオジサンは本気にとって入っちゃうよ~?」と返事すると、「ウン、行きたい」と。

どうもカオリちゃんはマジなようです。

これは新手の美人局か?とも思いましたが、可愛い娘がラブホテルに行きたいといってるのを断れるわけありません。

一応警戒して駅から500mほど離れた遠めのラブホテルに入りました。

この時点で会ってから5分経過してるかどうかでしたね。

そしてまたまたカオリちゃんから誘われて

入室後にドリンクを頼み、落ち着いて話そうと試みます。

いきなりガッツいて襲い掛かってもダメかな~と思ったからです。

しかしカオリちゃんから、「早くしないの?」とエッチ催促のお言葉が。

ならばとお言葉に甘え、カオリちゃんの服を脱がしにかかります。

この時のカオリちゃんは緑と白のストライプ柄のシャツに下は黒のジーパンです。

シャツを胸元までまくり上げると、スポーティーな白色のブラが出てきました。

ブラジャーも捲りあげると、胸がポロリと出てきます。

胸のサイズはBカップ程度の貧乳でしたが、乳輪と乳首が小さくてキュートな胸でした。

また小さいので、形は崩れておらず美乳。

これに興奮して乳首にしゃぶりつくと、急にカオリちゃんのテンションが変化します。

またカオリちゃんがさらに急変して、すごいことに

先ほどまではサバサバというか淡々とした感じがあったんですけどね。

乳首舐めをした瞬間、体をピクっとのけぞらせ、ア・・と声を漏らします。

左乳を舐めつつ右乳を手で揉むんだり乳首を手のひらで転がしたりすると、さらに体を大きくのけぞらせるカオリちゃん。

ここでベッドに移動し、カオリちゃんのジーパンを脱がします。

ジーパンの下には白色無地のパンティが。

ブラジャー同様に飾りっ気はありません。

しかしクリトリス部分を手で触ると、さらにカオリちゃんが強い反応を示します。

これはもしやヌレヌレか?と思い、パンティの横から指を滑らせ直接触ってみました。

想像通りヌレヌレで、ねっとりと粘度の高い本気汁がでてました。

指を膣内に入れてみると、想像以上にキツキツ。

しかしなんとなく膣内を指を入れても反応が悪い感じがします。

あれ、もしかして処女か?と思って尋ねると、処女ではないそうですが経験は浅いとの事。

彼氏は一人だけいたけど、一回しかしてないようです。

性欲は十分にあるしオナニーは気持ち良い。でもエッチは気持ちよくない。

もしかして彼氏は下手だったのか?っと感じ、他の男性ともしてみたいってことだったようです。

まあこの辺りの細かい話はエッチ後のビロートークで聞きだしたんですけどね。

まだまだ経験の少ないカオリちゃんと今後も

エッチ経験が少ないだけあり、フェラチオはイマイチ。

でもこんな若い娘が熱心にフェラチオしてくれてる・・・と思うとすぐフル勃起状態になりました。

挿入は生です。

エッチ経験が少ないが故、生のリスクとかよくわかってないんでしょう。

挿入してみると、ものすごくキツキツに締めてきます。

恥ずかしながら初回は正上位だけで終わってしまい、時間も5分と持たずでした。

これで終わるわけにはいかん!とビロートークで間を持たせ、15分後にフェラチオで勃起させてもらって二回戦開始。

さすがに二回戦は30分ぐらい長持ちしましたし、カオリちゃんから「こんなに長くエッチしたの初めて、二回もするなんてオジサン凄いのね」とお褒めの言葉をいただきました。

まあ結局この日は三回したんですけどね。

帰り際にお互いの携帯番号を交換し、次週もまた会う約束をしました。

もちろんお金の話は何もなしで、完全なタダマンです。

カオリちゃんとは三ヶ月ほど関係が続き、ピストンでもイクように開発したら他の男性に寝取られてしまいました。

こんな可愛い娘と簡単にダダマンを、しかもセフレに出来るものなんだ・・とテレクラの力を思い知り、これ以降テレクラや出会い系サイトにハマるようになりました。