出会い系サイトで仲良くなった20歳の巨乳ギャルとビデオエッチした後直接即ハメ

今回の「おいしいタダマンHゲット体験談」は、セイヤさん(33歳 男性 栃木県 営業職)からの投稿だ!

出会い系サイトの日記機能にほぼ毎日日記を書いているセイヤさん。
自分の日記にコメントを毎回残してくれる一人の女性がいました。
20歳のサヤさんとやりとりをするようになったある日、LINEを交換した後、彼女の下着姿が送られてきます。
我慢できなくなったセイヤさんはビデオ通話で相互オナニーすることに。なんとなく住んでいる場所を聞いてみるとなんと近くに彼女は住んでいました。
車を飛ばして、彼女の部屋に着いたセイヤさんはサヤさんを押し倒し…。

おいしいタダマンHゲット体験談
出会い系サイトで出会った20歳の巨乳ギャル

私(セイヤ)は、ほぼ毎日出会い系サイトに日記を書いている。

特に意味なんてなかったけど、最近は楽しく日記が書けている。

それもそのはず、私が書いた日記にコメントを残していく女がいるからだ。

なんで毎回コメントを返してくれるのか気になって、思い切ってメールをしてみることにした。

20歳のサヤとLINEを交換してエッチな写メ交換

名前はサヤ、プロフィールには20歳と書いてあり、私よりかなり年下だ。

私「はじめまして。いきなりメールすみません。いつも日記にコメントありがとうございます。」

サヤ「初めまして!連絡いただけてうれしいです!面白い日記にいつも元気貰ってます。」

私「うれしいです。」

サヤ「あの、私と友達になってくれませんか?」

そんな感じでサヤと私は友達になり、LINEで電話までする仲になった。

サヤは小さな工場で働いているようで、仕事が終わるとすぐ連絡をくれた。

友達として、仕事の悩みやそれ以外の意味のない話などをしているうちに、だんだんとサヤに会ってみたい気持ちが強くなっていった。

サヤ「セイヤさん、写メみたいです。」

私「俺、ただのおじさんだよ。サヤちゃんよりかなり年上だしね。」

サヤ「見たいんです。私のも見せるので、見せてください。私はこんな感じです。」

私「おお、めっちゃ若い。」

サヤ「若いって当たり前です!20ですから。セイヤさんのは?」

私「うーん。サヤちゃんの下着姿見せてくれたら俺の写メも見せるよ。」

写メを見せたくなくて意地悪を言ってしまった。

サヤ「いいですよ。」

無理を言ったつもりだったが、サヤは下着姿の写メを俺に送ってきたのだ。

しっかりと実った谷間が、画面いっぱいに映し出された。

私「ぱ、パンツも見たいな。」

すると遠目で撮ったであろう全身の写メが送られてきた。

ピンクのブラジャーとパンツに身を包んだサヤが写っている。

小さく華奢な身体つきなのに出るところは出ていて、とてもエロい体だった。

その写メを見ながらガチガチに勃起したチンコをしごく。

サヤ「どうですか?」

私「うん。めっちゃ綺麗だと思うよ。」

サヤ「セイヤさんの写メの約束は?」

私「あーちょっと今は写メ撮れないや・・・ごめん。」

サヤ「えー、なんでですかー。うそつきー。下着姿まで見せたのに・・・」

サヤの下着姿の写メを見ながらチンコを激しくしごき、精子を吐き出した。

私「にしても、サヤちゃんの身体めっちゃエロいね。会ったこともない俺なんかにこんなエロ写メ見せていいの?」

サヤ「セイヤさんならいいかなって。」

LINE電話に切り替えてお互い発情し相互オナニー

私「なぁ、俺、興奮してきちゃったよ。裸も見せてよ。ってかテレ電しようよ。」

サヤ「え?いいですけど、写メはダメなのにテレ電はいいんですか?」

LINE電話に切り替えて、お互い自分を映しながら話し始めた。

私「サヤの裸見たいなぁ。まずはおっぱい写してよ。」

サヤ「さすがに恥ずかしいです・・・こうですか?」

ブラジャーをずらして乳首を出して見せてくれたサヤ。

私「うーん。ピンクのブラ取ってよ。」

画面上ではサヤがブラジャーを脱ぎ、恥ずかしそうにおっぱいを丸出しにした。

私「すげーっ、エロいよ。痩せてるけど結構でかいね。あれ?乳首起ってない?」

サヤ「男の人にこうやって見せたの高校の時の彼氏以来だから・・・ちょっとドキドキ・・・してるからかな。」

私「おー高校卒業してからはずっと彼氏いないの?」

サヤ「うん、いないよ。」

私「ってことは、欲求不満は自分でオナニーして発散してるのかな?どんくらいオナしてるの?」

サヤ「・・・週1回くらいかな・・・」

私「えー嘘くさいな。ほんとは?」

サヤ「・・・・・ほぼ毎日・・・かな・・・」

私「めっちゃド変態じゃん。今、オナ見せてよ。」

サヤ「セイヤさんの・・オチンチン見せてくれたら、オナできるかも・・・」

私「ん、もう興奮して、こんな勃起してるよ。ほら。見える?」

サヤ「大きいッ、って、なんで下半身裸なの?」

私「あーサヤちゃんの身体エロすぎて、オナしてたからだよ。サヤちゃんのおマンコも見せて。」

サヤ「・・・恥ずかしいよぉッ」

サヤは恥ずかしそうにしながらもパンツを脱いでいった。

ほどよく茂ったマン毛は整えられておらず、素人感が出ていてとてもエロかった。

私「エロいマン毛だな。脚広げてマンコもっとよく見せて。」

サヤ「んッ、はぁっ、こうですか?」

私「もうめっちゃ濡れてんじゃん。俺のチンコもサヤのマンコに入りたくてうずうずしてるよ。」

サヤ「んぅふぅっ、はぁ、はぁ、ッ」

私「ってか、どこ住みなの?会いたくなっちゃったよ。」

頭の中はサヤの身体にむしゃぶりつき、中出ししまくることで頭がいっぱいだ。

こんなに若く、エロすぎる体を見せられて、LINE電話なんかで我慢できるはずがない。

サヤ「〇県〇町だよ。」

私「は?車飛ばせば30分くらいじゃん!」

サヤ「ほんとに?」

私「ほんとだよ。〇町のどの辺?近くになんか目印ないの?今から行くから。」

ド田舎のため目印となるものなどあるはずもなく、住所を教えてもらいアパートに直行した。

20歳のサヤを滅茶苦茶に犯しまくる

サヤ「ほんとに来たんだね。」

私「そりゃ来るよ。我慢できねーもん。部屋いこ。」

車を停めてサヤの後をついていき、部屋の中に入った。

サヤ「急に来るから部屋散らかってるからね。ほんとはもっときれいにしてるんだけど。」

私「そんなのどうでもいいよ。」

サヤ「ンむっ、んッ、ンんんんっ、セイヤさんッ、いきなりっ」

私はサヤを床に押し倒し、獣のようにむしゃぶりついた。

写メで見るよりずっと幼く見えるサヤの唇に吸い付き、服を脱がしていった。

下着はすでにつけていなかったようで、Tシャツとホットパンツを脱がせるだけで全裸になった。

荒い息をしながらサヤのマンコを触ると、すでにぐっしょり濡れていたので、チンコを取り出しそのまま挿入した。

サヤ「んんっ、セイヤさんッ、ごむっ、ゴムッ、んッ、大きいッ、ちょっと痛いよぉッ」

私「ゴム?ないよそんなの。ちゃんと外に出すからさ。いいよな?」

サヤ「はぁっ、はぁ、んッ、あんっ、んあっ、奥に当たってるよぉッ、気持ちいいよぉッ、こんなの初めてッ、なんでこんなにッ」

若い女独特の張りのあるデカパイの揺れを見ながら、ズコズコと腰を打ち付ける。

私「いいよ、サヤの、マンコめっちゃ締まるよ、んッ、ううッ、もうッ、でッ、出るぅッ!」

快感に身をゆだねるように高速ピストンをしながらサヤのマンコの奥深くに精子を吐き出した。

サヤ「んぉうっ、ぉぉおおぉっ、あんぅ、でてりゅよぉぉぉぉっ、んッ、あんんっ」

体がビクビクとするたびにチンコから精子が吐き出され、あまりの気持ちよさに一瞬意識が飛んだように感じられた。

私の麻痺に反応してか、サヤも体をガクガク揺らし、苦しそうにシーツを握りしめている。

少しして、マンコからチンコを引き抜くと、大きく開いたマンコがもの欲しそうにパクパクと動いていた。

サヤは横になったままぐったりとしている。

一度出したばかりだというのに、いまだに天高く上を向いたままのチンコ。

サヤのマンコに入りたそうにガチガチに勃起し、自己主張している。

少ししごくともう何回か射精できそうだったので、私も全裸になり、サヤの身体に自分の身体を擦り付けるように覆いかぶさった。

勃起した乳首を口に含んだり、デカパイに顔をうずめたり、マン汁を舐めたりしながらしばらくサヤの身体を楽しんだ。

サヤ「ちょっ、いま敏感なのッ、やめてったらッ、ねぇっ、クリちゃん、ダメなのぉッ、んんんっ、はぁっんッ、あんっ、あんっ」

クリトリスをチロチロと舐めてやると急にサヤが喘ぎだし、ものの数分で派手にイッた。

サヤ「あああっ、イッ、イクっ、イッちゃうよッ、んッ、イグッ、あああああああ、あ””ぁ””ッ」

ガクガク体を揺らしながら派手に絶頂し、潮まで噴いたサヤ。

サヤの真っ白だった肌も赤みを帯びていて、絶頂の大きさを物語っている。

興奮しすぎた私は、だらしない顔で絶頂の余韻に浸っているサヤの足をつかんで、ガチガチに勃起したチンコを挿入した。

うわごとのように何かを言っているサヤなどお構いなしに、好き放題に犯しつくした。

射精のし過ぎでチンコが痛くなり、満足した私がチンコを引き抜く頃には、部屋中が精子と汗とが混ざったエロいにおいになっていた。

お互い疲れ切って裸のまま床に寝そべっている。

サヤの顔は私のよだれでべちょべちょになり、マンコからは大量の精子があふれていた。

私は女の顔をべろべろと舐めながら好き放題に中出しするのが大好きなので、好き放題にセックスすると必ずこうなる。

20歳の中出しできるセフレゲット

こうして、私は一回りも下の女をゲットするに至ったのである。

その後、家が近いことが幸いして、セフレの関係が今も続いている。

サヤはおとなしそうな見かけによらず、私と会う前からかなり変態でオナニーが大好きだったようだ。

そんなサヤは私とのセックスで、完全にセックスの虜になったようで、今ではサヤから求めてくるようになった。

最初は週に1回程度だったセックスも、今ではほぼ毎日のように中出しセックスをしている。

サヤ曰く、自分でクリトリスと穴をいじってイク絶頂の5倍くらい気持ちいいらしい。

ここまでセックスの相性がいい女を手放す気にもなれず、本気で付き合おうか迷っているところだ。

セイヤさん、おいしいタダマンHゲット体験談の投稿サンキュー!
出会い系サイトに登録したらとりあえず女を漁ることは多いと思うが、たまには日記を書いてみたりとサイトのコンテンツを隅々まで使いこなすといい女に出会えたりするぜ。
女の方からコンタクトを取ってきたらセイヤさんのように少し強気に行ってみてもいいかもしれないな。
しかし、ビデオ通話の直後に直接会ってこんなセックスするなんてめちゃくちゃ興奮するシチュエーションだったぞ。


テレホンエッチをしたくなった方は…

テレホンセックスの世界を実際に体験したくなった方はこちらをご覧ください

★一押し! テレクラマックス (総合10位) (総合10位) (前月総合10位)

テレクラマックス

初回最大4,000円分の無料ポイント特典付き

寸評: 日本全国各地のご当地痴女と今すぐ電話が繋がる業界最大手のツーショットダイヤル番組のテレクラマックス!ここはマジでエロい女しか使わないことで有名な番組だから即アポ&即ハメ率も他の...
-*-料金/詳細はこちら-*-

管理人評価点: ♥♥♥♥♥

種類: ツーショットダイヤル

対応: iphone android pc

さっそくこのサイトを覗いてみる※18禁です

2023年8月29日タダマン, 中出し, 出会い系サイト, 生ハメ, 生挿入