出会い系で知り合った人妻とタダマン出来た話

今回の「おいしいタダマンHゲット体験談」は、ペンちゃんさん(28歳 男性 新潟県 会社員)からの投稿だ!

彼女がいない期間が続き性欲が溜まりに溜まっていたペンちゃんさん。
性欲を解消するために年上の人妻と出会いたいと思い、出会い系サイトを利用します。
そこで出会った人妻をタダマンすることが出来た成功体験談です。

おいしいタダマンHゲット体験談
年上の黒髪巨乳の人妻を出会い系サイトでゲット

最初に私について簡単に自己紹介させていただくと、私は現在28歳の会社員で普段は配送の仕事をしています。

そんな私ですが過去に出会い系で知り合った人妻とタダマン出来た経験があるので、今回はその時のことについて書きたいと思います。

出会い系サイトで年上の人妻を物色

その出来事があったのは今から6年ほど前のまだ私が大学4年だった頃の話で、当時は彼女がいなかったので性欲が溜まってとにかくエッチがしたいと思っていました。

とは言っても学生でお金が無くてお店に行ったりするのは無理だったので、色々と考えて出会い系サイトを利用して相手を探そうと思いました。

とりあえず出会い系サイトに登録して自分のプロフィールを設定したのですが、あまりお金が無かったので出来ればお金をかけずにエッチできる女性を見つけたいと思いました。

そこで調べたらタダマン狙いなら人妻が良いとオススメされているのを見つけたので、自分より年上の人妻に絞って女性を探すことにしました。

プロフィール検索で良さげな人妻を見つけてはアプローチを仕掛けていたのですが、正直最初はあんまり上手くいかなくて、返信が来てもすぐやり取りが途絶えてしまうのが何度も続きました。

それでも諦めずに人妻狙いで出会い系を続けたところ、2週間くらい掛けてようやく女性としっかりとやり取りが出来るようになりました。

聞き役に徹して人妻からアプローチをさせる作戦

相手の女性の名前は茜さんで27歳の専業主婦だったのですが、軽くやり取りした感じだと明るそうな感じの女性でした。

今までの経験から出会い系をやっている人妻には日常の不満やストレスを抱えている多い印象で、実際に彼女もそんな感じだったので基本的には聞き役に徹して、彼女に「この人が必要だ。もっと話したい」と思ってもらえるように努めました。

彼女の愚痴を聞きながら時には自分なりにアドバイスをしていたら、狙い通り彼女が「君と話してると楽しいからもっと話したい」と言ってくれました。

そこで「僕ももっと話したいからメアド教えてください」と返すと、上手いこと彼女と連絡先を交換することに成功しました。

連絡先を交換してからは主にメールで彼女とやり取りをしていて、普段から彼女の愚痴を聞いたり相談に乗ったりしていました。

やり取りを続けていたら正直彼女と会いたくなったのですが、私としてはお金を掛けずにエッチしたかったので、彼女から会いたいと思わせるために自分からは何もしないことにしました。

しばらく彼女の出方をうかがいながら時折学生でお金が無いことをさり気なくアピールしていたら、連絡先を交換してから3週間ほど経った頃に彼女からデートのお誘いがありました。

狙い通りの展開になったので二つ返事でOKをして、今度の日曜日に会おうという話になりました。

巨乳の黒髪美女の人妻をお持ち帰り

デート当日になって待ち合わせ場所で待っていると、少し遅れて彼女がやって来ました。

彼女は落ち着いた感じの黒髪ロングヘアーの美女で、身長はやや高めで見た感じ結構な巨乳だったので完全に当たりだと思いました。

軽く挨拶を済ませてから喫茶店で時間を潰して映画を観に行ったのですが、年上かつ彼女からのお誘いでもあったのでお金は全て彼女が払ってくれました。

最後には居酒屋でお酒を飲みながら話をしたのですが、その頃になると彼女はわざと腕に胸を押し付けて来るなどかなり積極的になっていました。

明らかに抱かれたいアピールをしてきていたので、その後のことを考えると内心ではかなり興奮していました。

実際に居酒屋を出たら彼女がホテルに誘ってきたのですが、どうせなら思いっ切り抱きたかったので「ホテルじゃなくて俺の家なら良いですよ」と行ったら、彼女がOKしてくれてので遠慮なくお持ち帰りしました。

家に着くと彼女がシャワーを浴びたいと言ったのですが、すぐにでも抱きたかったので、「あとで一緒に入ろう」と言って後ろから抱きしめました。

憧れだった年上の人妻との不倫セックス

彼女は最初は「汗かいてるから」と言って恥ずかしいそうにしていたのですが、構わず服の上から胸を揉みながら耳たぶを甘噛みしたり首筋に吸い付いてあいたら、彼女もその気になったのかキスを求めて来ました。

服とブラジャーを捲って彼女の大きな胸を揉みながらキスをしていると、彼女が舌を入れてきたので舌を絡ませながらディープキスをしました。

彼女の下腹部に手を回して下着の上から軽く触ってみると、既に濡れて湿っていたので指でやや強めに前後に擦ると彼女は少し気持ち良さそうにしていました。

下着をずらして人差し指と中指を挿入したら膣内はグチュグチュに濡れていたので、愛液で濡れた指を見せつけると彼女は恥ずかしそうにしてました。

お互いに服を脱がせ合って全裸になってからベッドの上でシックスナインの体勢になり、彼女にフェラチオをしてもらいました。

彼女のフェラチオは思った以上に上手くてヤバかったので、負けじと彼女にクンニをしてあげたところ、気持ち良さそうに感じていました。

それでもどこか余裕がありそうな感じだったので、目の前にあるお尻の穴を軽く弄ってみると、彼女は先程よりも感じていました。

私が「ここが弱点なんですね」と言ったら彼女は「そこは絶対ダメ」と言ってきたのですが、構わずお尻の穴を弄りながらクンニをしたら、彼女はフェラチオをする余裕も無いくらいに感じていました。

彼女は最後には大きな喘ぎ声を出してイッたのですが、お尻をこちらに向けて大きく息を吐きながらグッタリしてる姿にメチャクチャ興奮したので、そのまま後ろから彼女に挿入しました。

彼女は驚いた感じで「少し休ませて」と言いましたが、気にせず腰を動かし続けました。

後ろから覆い被さって両胸の乳首を弄りながら腰を動かし続けると、彼女は何も言わずただ喘ぎ声を出して感じていました。

騎乗位や対面座位など色々と体位を変えて、最後は正常位で強く抱きしめ合いながらほぼ同時にフィニッシュしました。

それからも何回戦かエッチして朝に彼女は帰っていったのですが、その後も彼女とは頻繁に会ってはエッチをする関係が続きました。

1回タダマンできる状況を作ったことでその後もデート代などは彼女が出してくれていたので、そこまで行くのに苦労はしましたが、とても良い経験をすることができました。

ペンちゃんさん、おいしいタダマンHゲット体験談の投稿サンキュー!
ツーショット系の話が全然ないじゃねーか!!
ちゃっと募集読んでから投稿してくれよ?
が、面白かったからオッケーだぜ(笑)
メシ代も出してくれる年上の人妻とか最高の獲物!
いい相手を手に入れたもんだ!
大事にしつつペンちゃん好みのエロい女に育成しちゃってくれ!

2020年2月7日セフレ, タダマン, 人妻, 出会い系サイト